読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Steamに乗り換えた話 後編

前回の日記で友人にPCを組んで頂く事になりました。

何故かと言うと、昨年12月末時点で友人が数ヶ月後(つまり今年の3月頃)にAMDから同等グレードのインテルCPUの半額の値段の高コスパCPU、RYZENが出るのでハイエンドPCを組むなら大チャンスだと教えてくれたからです。

パーツ代金は勿論僕が全額支払いますが、PC構成案と組み立てを無料でやってくれると言う事で、取り敢えず、予算8万円前後でお願いしました。

この予算8万円コースでFHD格ゲーが全く問題無く動くPC組むのは、友人曰く、『かなりの無理ゲーw』だそうで、仕事の合間を縫ってパーツ情報集め等を行い、構成見積もりを出してもらいました。

当初はこの構成で4月に組んでもらう予定でしたが、3月のRYZEN発売時に問題が起きました。

PC自作派の人達からのRYZEN人気があり過ぎて、需要過多になり販売店が御祝儀特価(人気あるからボッタクリ価格)で販売をしたため、予算を数万円上げるか、価格が落ち着くまで待つかの2択だと言われ、とりわけ急いでもいないので後者を選びました。

RYZENの値上げ販売はネットニュースにもなったので本当にヒヤヒヤしましたw

数日後に友人から連絡があり、ご自分のPCをRYZENで組み直したいから今使ってるのを格安で要りませんか?という提案で、当初組もうとしていたPCよりも遥かにハイエンド構成だったので納得してそちらを格安で譲ってもらう事にしました。

ザックリとしたスペック↓

CPU:Core-i7 3770K

メモリ:16GB

SSD(システムドライブ用):240GB

HDD:2TB

GPU:NVIDIA Geforce GTX9700C

OS:Windows10 HP

1年半前に組まれたそうで、マトモにパーツを買って組むと16万円くらいするそうです。こちらを9万5000円で譲ってもらう事になりました。

自分で用意したのはワイヤレスマウス&キーボードのみで、ゲームコントローラーはPS3で使っていたのをそのまま使っています。

これを46型テレビにHDMI接続してPC兼ゲーム機として愛用しています。

システムドライブがSSDなので起動やら何やらとても速いw

Steamを実際に使っていて便利なのは、何よりゲームのディスク入れ替えが必要ない事だったりしますね。前回の日記の写真にある通り、あれだけのゲームをいちいち取り出して入れ替えるのは結構面倒臭いです。

最初は初のPCゲームという事で、コントローラー設定に苦戦してPC届いて一月くらい放置しましたがw何とか自己解決しました!

ゲーム遊べない間は大きなPCとして、Amazonプライムビデオやらネット動画やら見たり、ネット動画見たり、セットトップボックス感覚で使ってました。 

写真やら音楽編集したり、普通にPCとして便利なのに何故普通の人はこの使い方(テレビをPCモニターに使う方法)をやらないのだろうと不思議に思えるくらい便利ですw

Steamは基本的にPSやXboxよりもソフトが安価なのに加えてゲリラセールや季節セールをよくやってるのでソフト代金も抑えられるのがメリット。

SF5がまだ高いので6月に毎年行われるサマーセールで買おうかと考えてます。