読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手術

終わりました

わたしは、問題をかかえながらも出産をのぞむ妊婦さんとは入院したくなかったしお見舞いもうるさかったので、日帰りにしてもらいました

静脈麻酔といっても意識はぼんやりあり

痛みも無痛ではなかったけど

旦那と母が一日中ついていてくれました

赤ちゃんは検体となるようです

ぼんやりした意識によると

急遽、元々の精神科から同意書の署名を母にもさせるように言ってきたらしく、そんなこともあって、母を待って、だいぶ後回しになりました

なんで勝手に口出してくるんだよ

わたしは書類や言われたものの準備はしていったのに

旦那はわたし1人で歩けたけど

身体つかんで、サポートしてくれ

母は帰宅後吐いたわたしの背中をさすってくれました

つかの間わたしのとこに来てくれた赤ちゃん

ありがとう

ごめんね、、、

意識もあったし痛かったです

どうやら綺麗に取り出したようで

出血を減らすためか内膜の掻爬も丁寧にやってくれたみたい

わたしの印象だと医師達は嫌がり

たらい回しにされたあげく

俺やってもいい、ていう男性医師がやってくれたみたい

朝の女性医師は感じ悪いひとでした

たぶん悪口いってたし

泣きませんでした

もう涙は枯れました

精神科の出番もなかったですよ