読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何よりも怖い夢を見てしまった…。

悪夢は、人それぞれあるでしょう。

過去のトラウマで、記憶にないが死にかけるぐらいヤバイ溺れかたを体験してると『溺れた夢を見る』とかで、汗だく。みたいな悪夢。

これ、割りと最悪なんです。

お化けやゾンビや襲われる夢も悪夢。

しかし、コレを越える恐怖な夢があった。

アレです。

排泄物系

オシッコ行きたい夢は、たまぁに見ます。ハ!っと眼を覚まし、あっぶねー!便所ダッシュ

割りと、悪夢です。

今回は、コレを遥かにしのぐ

ピーヒャラ〜な夢

しかも、パニックレベル

起きない。

しかも、トイレまでの道のりは、今寝てるところから始まる。

たしかに、散らかしまくってるがトイレまでの導線はある

のに、『なんで、こんなところに椅子が!服脱ぎっぱがここに?』あげく、トイレのまわりゴミダラケ〜

ちょー、座れないがな(洋式)…

椅子を避ける辺りでプリっときてた。

服辺りで本格発動してた。

片手でおしりを押さえると、ビニール袋に水を入れたみたいになってる。

強制的に、便座に座った瞬間『俺は、終わった』ってな気分で真っ白になり、

この、由々しき事態を重く受け止め、何故こうなったのか。

お腹痛いまでは、仕方がない…いや、果たしてどうだろうか?

服の脱ぎっぱなし…

もう少し考えねば…

など、もろもろ反省を走馬灯の様に駆け巡る。

やがて、眼が覚める。

『は!、やっちまったのか!?』と、恐る恐る手をお尻にあてる。

何ともない。一旦安堵

お腹の具合もさほど問題ないが、念のため向かう。

行く手を阻むものも夢とは違う

それでもたしかに、なんかごちゃごちゃしてる。

そいや、寝る前にパンといっしょに牛乳飲み過ぎたかも。

と、夢のラストが甦る

そして反省する。

リアルで、惨事を招かないためにも、日々精進。そんな気になる、生々しい恐怖体験。いや、もうあの感覚リアルすぎ。

まさに、ナイトメア