読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎えた初日、ほぼ不眠になった

学生の頃海外に留学してて、

現地でバイトをし学校に行ってた時期がありました。

バイトはペットショップで動物の健康状態を

観察しつつ、掃除・餌やりの仕事でした。

ある日店のスタッフが騒いでたので、

見に行ったら入荷した真っ白な手乗りサイズ

の子ウサギがいて、皆かわいいかわいいと

撫でてました。レジ担当の女性が自分のエプロンのポケットに入れてあやしたり、

カウンターに乗せてお客さんに触らせたり

してました。

その子はよく見ると右目だけ骨格ごと少し盛り上がり、

周辺の毛が少し薄くなってました。

生まれつきなのか、可哀想だなと思いました。

私は掃除・餌やりが終われば上がり

なので、いつも昼頃に退店してました。

なるべく開店後少しでも早く終わらせる

為に私の出勤時間は一番早く、内側から

シャッターと鍵をかけて作業してました。

次の日出勤していつも通り作業してましたが、昨日の子ウサギがバックヤードのゲージに

入れられてて薄目を空けてましたが、10分経っても20分経っても少しも動かないので

変だなと思ってゲージを開けて様子を見て

みたら、冷たく硬くなって亡くなっていました。

その子は最近の改良されたペットウサギではない感じでした。子ウサギだけどなんとなく顔が細長い感じでカイウサギか何かかと思うんですが前日片目が変わっていたので病気だったのか、

スタッフ達が構い過ぎてストレスだったのか、

ショックでした。

元々そのペットショップも大型のショッピングセンターに入ってるフランチャイズの店で

主に犬・猫が人気だったので、特にモルモットやウサギ、チンチラ等は中々入荷しない為

小動物専門のスタッフもいないし、

生体の品質等もこだわってない様でした。

なので私もウサギを迎えて2、3日は朝起きて

ウサギが死んでたらどうしようと不眠になりました。

最近のペットウサギは繊細で思った以上に

ストレスを溜めてる事が多いので

チータは最初は緊張してましたが、

初日から牧草、ペレット、キャベツ等もちゃんと食べてくれて、ウンチもオシッコも大丈夫だったので、一週間位で慣れてくれました。

今では犬みたいにゲージを横切る度に

構ってとついて来るし、

私が休みで疲れて遅くまで寝つつ、

ゲージから出して運動させてると

布団の上で足ダンしたり、布団を前足で

はがして(笑)起きろ!構え!と

うったえてきます^ ^