読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国に有る日本大使館は土地や建物を購入することが出来ず、ずっと賃貸

Chris Ryouan Miyake

21時間前

中国に有る日本大使館は土地や建物を購入することが出来ず、ずっと賃貸です。しかし日本に有る中国大使館は購入することが出来ます。

なぜ、日本はアンフェアーなことをするのか?中国はそんなに優遇する程、貧しい国なのか?

購入されると固定資産税等も徴収できないし、敷地内は日本の司法が及びません。どんなスパイ活動が展開されようが、地下で射撃訓練がされようが、日本人が拘束されようが警察が踏み込む事は出来ない。

それこそ無人島を購入されて領事館にされたら、その島は日本では無くなるのです。

小山 牧男

領有権はあっても施政権を失うので、租界ができたのと同じことになってしまいます。

賃貸しても外交施設の敷地にされてしまうと、施政権を失います。

Chris Ryouan Miyake

そうですね。賃貸であっても治外法権に変わりはありませんが、賃貸の場合は、契約やオーナーの事情などもあって、無茶な改築は限られてくるでしょう。新潟のように5000坪を行政主導で便宜を図るなど考えられない。朝鮮学校朝鮮総連朝鮮銀行などに便宜を図ると同じ構図のように思います。

Tommy Inaki

不平等条約を改正する事、それが駄目なら日本も貸す方針にする事。相互条約です。ここでも国際常識違反です。

坂井哲也

昨年に安倍総理大臣や参議院議員佐藤正久、前防衛大臣中谷など関係者を通して、対応して頂いています。中国人が観光に紛れて、不法入居しています。荒川区や葛飾区に多くいます。東池袋に拠点がある事が判明しました。それも通しています。

対応を密かに進めています。

元情報:http://tinyurl.com/jgumlu5

(Powered by my日本 http://sns.mynippon.jp/)