読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月27日(月)美麗とデート

仕事で遅くなり京都駅で待ち合わせは出来なかった

21時30分くらいにやっと美麗の家に着いた。

玄関でおかえりって笑顔で迎えてくれた。

ホッとし1日の疲れが吹き飛ぶ。

お風呂にお湯がたまるのを待つ間、話したりして過ごした。

湯がいっぱいになりいよいよお風呂タイム

久しぶりになる。

美麗を膝に座らせ湯舟に浸かる俺の一番のお気にいりで。

後ろから美麗のオッパイを鷲掴みしたりし揉んで堪能した。

暫く浸かっていると美麗が肉棒を握り前後に動かしてきた。

なにも言ってないのに美麗からしてくるって滅多にないこと。

指使いが上手すぎる

なんと逝きそうになってた。

順番に洗いっこをしてお風呂を上がった。

座り暫くして美麗を押し倒した。

ほんとはしたいよって言ったら美麗も欲しいって言った。

下を脱がして花ビラを舐めた。

いつものように電マを使おうかって言ったら入れて欲しいって美麗が言った。

美麗が責める番。

いつもだけど舌遣いが抜群に上手い。

欲しくなったら好きにしていいよって言ったら美麗が上に乗り導いた。

一つになるときの幸せなこと。

暫しじっとして温もりを堪能した。

やがて美麗が腰を振りだした。

体位を変えて俺が上になった。

少し動かしたら遭えなく撃沈した

美麗の中で果てた

感じる時は奥へ奥へと導くのに元気が無くなり用済みになると外に押し出されてしまった。

時計を見るとかなり遅くなったので 美麗の家を出てデートが終わった。

今日はダメかなって半分諦めてたけど愛し合えて良かったよ。

ありがとう