読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーナストラックで過剰反応

100番の背面のボーナストラックは、連続のクリーン&プレスが無いので、穏やかな心でできます。これ結構好き♪

ただ、悲しい哉、体が連続モードになっていて、バーを下ろした瞬間「ピクッ」となります。ついついバーを持ち上げようとしてしまうのです。

ちゃうがな。じっくりとデッド&ローを楽しまねば。

それなのに、バーを下ろした瞬間またしても「ピクッ」

もうすっかり連続モードに飼い慣らされている自分がいます。

連続のクリーン&プレスは背面を意識しにくいし、フォームが崩れやすいから嫌い。

・・・のはずなのですが。

嫌い嫌いと言いつつも慣らされてしまうのは、もしかしてこれは、惚れた弱み?

好きなものは、多少納得がいかないことがあっても受け入れてしまいますから。

つくづく私ってパンプが好きなんだなと思います。

しかし、「ピクッ」のときの自分は雑なフォームになっています。鏡でチェックすると、がっかり。

連続のときはとにかくやり切ることが優先なので、フォームを犠牲にしてしまいがちですが(というか、意識が行き届かない)、ここは修整しなくては。

何しろパンプ大好きだから。