読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

被害者救済はまだまだ

■「首刺され、口の中に血の味」 小金井刺傷・陳述全文

犯罪をはじめ医療事故やさまざまなトラブルでその後の一生をだいなしにされてしまう被害者は救済されないのは残念である。今回の事件では意見のとおりで、一生傷ついた体と向き合って苦しまなくてはならない。

加害者は一定の刑を終えると罪をつぎなったとして、社会復帰する。

勿論、更正保護の観点では、現状のわが国では対策を検討し、制度を強化すべきではないかと、被害者感情では思うのだ。